• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

かん【×癇】 の意味

  1. [音]カン(漢)
  1. ひきつけ。「癲癇 (てんかん) 
  1. 神経質で、怒りやすい気質。「癇癪 (かんしゃく) 癇性 (かんしょう) 癇癖 (かんぺき) 
  • かん【×癇】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・じょあん孫七は、苦々しそうに隣の妻を振り返りながら、高い声に叱りつけた。

      芥川竜之介「おぎん」

    • ・・・兄はただ母に叱られたのが、癪に障っただけかも知れない。

      芥川竜之介「お律と子等と」

    • ・・・ことに、了哲が、八朔の登城の節か何かに、一本貰って、嬉しがっていた時なぞは、持前の高い声で、頭から「莫迦め」をあびせかけたほどである。

      芥川竜之介「煙管」