• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あつかい〔あつかひ〕【扱い】

  1. 操作すること。処理すること。「この器具は―が難しい」「小荷物―所」
  1. 待遇・応対のしかた。「―が公平だ」「客の―がうまい」
  1. ある身分・役割・状態にあるものとして接すること。「部長―」「子供―」「機密―」
  1. 紛争・訴訟などの仲裁をすること。また、その調停者。仲裁。調停。
    • 「よいところへ―がはいったと云ってよろこぶ者もあり」〈谷崎・盲目物語〉
  1. 看護すること。介抱すること。
    • 「対の方のわづらひける頃は、なほ、その―に、と聞こしめしてだに」〈・若菜下〉
  1. あつかいぐさ【扱ひ種】
    • 世話をする対象。養育すべき子供など。
      「一条の宮の、さる―持(も)給へらで、さうざうしきに」〈・匂宮〉
    • 話題。うわさの種。
      「この君達の御ことを―にし給ふ」〈・椎本〉

「あつかい〔あつかひ〕【扱い】」の後の言葉