• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

かんから‐だいこ【かんから太鼓】 の意味

  1. 歌舞伎の下座などで用いられた楽器で、まくら型の小形の太鼓。台の上にのせて竹桴 (たけばち) で打つ。盛り場・見世物小屋の場面などに用いる。