• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

アイエス‐エルエム‐ぶんせき【IS-LM分析】

  1. 財市場と貨幣市場が同時に均衡する利子率国民所得の組み合わせを求める、マクロ経済学の分析手法。財政政策金融政策の効果を分析することができる。ケインズの理論をもとにヒックスが考案したもので、縦軸に利子率、横軸に国民所得をとり、IS曲線とLM曲線の交点を求める。IS曲線は、商品やサービスを取引する市場において有効需要と供給が一致する「財市場の均衡」を表す右下がりの曲線。LM曲線は、実質貨幣の需要と供給が一致する、あるいは貯蓄と投資が等しくなる「貨幣市場の均衡」を表す右下がりの曲線である。

「アイエス‐エルエム‐ぶんせき【IS-LM分析】」の後の言葉