• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あっ‐こう〔アクカウ〕【悪行】 の意味

  • あっ‐こう〔アクカウ〕【悪行】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・この間町じゅうで大評判をした、あの禽獣のような悪行を働いた罪人が、きょう法律の宣告に依って、社会の安寧のために処刑になるのを、見分しに行く市の名誉職十二人の随一たる己様だぞ。

      著:アルチバシェッフミハイル・ペトローヴィチ 訳:森鴎外「罪人」

    • ・・・ああ、と思わずうめいて、私は玄関の式台にしゃがんだまま、頭をたれて、その二十年まえ、のろくさかったひとりの女中に対しての私の悪行が、ひとつひとつ、はっきり思い出され、ほとんど座に耐えかねた。

      太宰治「黄金風景」

    • ・・・      五 善行日と悪行日 ある日新聞を見ていると妙な広告が眼についた。

      寺田寅彦「雑記(1[#「1」はローマ数字、1-13-21])」