• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あっし【私】 の意味

  1. [代]一人称の人代名詞。「わたし」のくだけた言い方。男性、特に職人などが多く用いる、いなせな感じの言い方。
  • あっし【私】の例文

    出典:青空文庫

    • ――そうして一体又あなたは、何を占ってくれろとおっしゃるんです?」「が見て貰いたいのは、――」 亜米利加人は煙草を啣えたなり、狡猾そうな微笑を浮べました。

      芥川竜之介「アグニの神」

    • ・・・ の友達のMとと妹とはお名残だといって海水浴にゆくことにしました。

      有島武郎「溺れかけた兄妹」

    • ・・・「クサチュカ、と一しょにおいで」と犬を呼んで来た。

      著:アンドレーエフレオニード・ニコラーエヴィチ 訳:森鴎外「犬」