• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あっ・する【圧する】 の意味

  1. [動サ変][文]あっ・す[サ変]
  1. 強い力を加えて物を押さえつける。「接合部分を―・して固定する」
  1. 力で相手を押さえつける。制圧する。圧倒する。「他を―・する軍事力」「彼の気迫に―・せられる」
  • あっ・する【圧する】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・機械の運転する響き、職工の大きな掛声、薄暗い工場の中に雑然として聞えるこれらの音が、気のよわい私には一つ一つ強く胸を圧するように思われる――裸体の一人が炉のかたわらに近づいた。

      芥川竜之介「日光小品」

    • ・・・この時人が精力を搾って忘れようと勉めた二つの道は、まざまざと眼前に現われて、救いの道はただこの二つぞと、悪夢のごとく強く重く人の胸を圧するのである。

      有島武郎「二つの道」

    • ・・・臙脂屋早く身退りし、丹下は其人を仰ぎ見る、其眼を圧するが如くに見て、「丹下、けしからぬぞ、若い若い。

      幸田露伴「雪たたき」