• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

かん‐じょ〔クワンヂヨ〕【官女】 の意味

  1. 宮中、または将軍家などに仕える女。女官 (にょかん) 。かんにょ。
  • かん‐じょ〔クワンヂヨ〕【官女】の例文

    出典:青空文庫

    • 五人囃子、官女たち。

      泉鏡花「雛がたり」

    • ・・・ 御厨子の前は、縦に二十間がほど、五壇に組んで、紅の袴、白衣の官女、烏帽子、素袍の五人囃子のないばかり、きらびやかなる調度を、黒棚よりして、膳部、轅の車まで、金高蒔絵、青貝を鏤めて隙間なく並べた雛壇に較べて可い。

      泉鏡花「夫人利生記」

    • ・・・知られている通り彼女は中宮定子の官女として宮廷生活をしていたのであったが、この中宮の生涯はあわれの深いところがあって、はじめの頃は華やかなあけくれで内外に大きな勢力もおよんでいたが、後には権力ある外戚藤原氏が奉った他の女人が当時の事情として・・・

      宮本百合子「山の彼方は」