• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あつ‐ぼった・い【厚ぼったい】 の意味

  1. [形]紙や布地などが厚みがあって重く感じさせるさま。「―・いコート」
  1. [派生]あつぼったさ[名]
  • あつ‐ぼった・い【厚ぼったい】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・素足に染まって、その紅いのが映りそうなのに、藤色の緒の重い厚ぼったい駒下駄、泥まみれなのを、弱々と内輪に揃えて、股を一つ捩った姿で、降しきる雨の待合所の片隅に、腰を掛けていたのである。

      泉鏡花「売色鴨南蛮」

    • ・・・凍え死すとも、厚ぼったい毛糸の類は用いぬ覚悟の様でした。

      太宰治「おしゃれ童子」

    • ・・・描き方としては随分重苦しく厚ぼったいものである。

      寺田寅彦「帝展を見ざるの記」