• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あつまり【集まり】 の意味

  1. 集まること。また、集まったもの。「客の集まりが悪い」
  1. 共通の目的で人が大ぜい寄り合うこと。集会。会合。寄り合い。「身内の集まり」
  • あつまり【集まり】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・もちろんもうこの時には隣近所の河童が大勢、トックの家の戸口に集まり、珍しそうに家の中をのぞいているのです。

      芥川竜之介「河童」

    • ・・・ 今日の女の運動は社交の一つであって、貴婦人階級は勿論だが、中産以下、プロ階級の女の集まりでもとかくに着物やおつくりの競争場になりがちであるが、その頃のキリスト教婦人は今の普通の婦人は勿論、教会婦人と比べても数段ピューリタニックであって・・・

      内田魯庵「三十年前の島田沼南」

    • ・・・或る女学校では女生の婚約の夫が定まると、女生は未来の良人を朋友の集まりに紹介するを例とし、それから後は公々然と音信し往来するを許された。

      内田魯庵「四十年前」