• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あて【当て/宛】

  1. [名]
  1. 行動の目当て。目標。目的。「―もなくうろつく」
  1. 将来に対する見通し。先行きの見込み。「借金を返す―がない」
  1. 心の中で期待している物事。頼り。「父からの援助は―にできない」
  1. 借金のかた。抵当。
  1. (他の語の下に付いて)
  1. ㋐保護するためにあてがうもの。「ひじ―」「すね―」
  1. ㋑ぶつけあうこと。「鞘 (さや) ―」
  1. [接尾](宛)名詞・代名詞に付く。
  1. 配分する数量・割合を表す。あたり。「ひとり―二個」
  1. 送り先・差し出し先を示す。「下宿―に荷物を送る」
  1. 当てが外れる
    • 見込みが違う。期待に反する。「もっと客が入ると思ったが、―・れた」
  1. 当てにする
    • 心の中で期待し頼りにする。先行きの予想を立てて頼みとする。「実家からの仕送りを―◦する」

「あて【当て/宛】」の後の言葉