• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

き‐き【危機】 の意味

  1. 悪い結果が予測される危険な時・状況。あやうい状態。「危機に瀕 (ひん) する」「経営危機を乗り切る」

き‐き【危機】の慣用句

  1. ききいさん【危機遺産】
    • 《「危機にさらされている世界遺産」の通称》世界遺産のうち、自然災害や紛争、開発、密猟などによって価値を損なう恐れのあるもの。ユネスコの危機遺産リストに登録され、資金援助や国際協力などを受けることができる。危機を脱したと判断されればリストから削除される。
  1. ききいしき【危機意識】
    • 危機が迫っているということを感じること。危機感。
    • 既成の秩序や価値観が崩壊しつつあることを認識し、これに対処しなくてはならないとする自覚。
  1. ききいっぱつ【危機一髪】
    • 髪の毛1本ほどのごくわずかな差で危機におちいりそうな危ない瀬戸際。「―のところで難を免れる」
  1. ききかん【危機感】
    • 今のままでは危ないという不安や緊迫感。「―をいだく」
  1. ききかんり【危機管理】
    • 大地震などの自然災害や、不測の事態に迅速・的確に対処できるよう、事前に準備しておく諸政策。
  1. ききかんりセンター【危機管理センター】
    • 人の生命・身体・財産に重大な被害が生じるおそれがある緊急事態や、企業等の組織の経営活動に損害を及ぼす事態への迅速な対処、およびそうした事態の発生の防止を目的とする活動の中心的な拠点となる施設。政府・省庁・地方公共団体あるいは、企業や医療機関などの組織でそれぞれ設けている。
  1. ききしんがく【危機神学】
    • (ドイツ)Theologie der Krisis》第一次大戦後の混乱の中で説かれた弁証法神学。
  1. ききたいおうゆうし【危機対応融資】
    • 金融秩序の混乱などが発生した際に、政府が危機と認定し、政府指定の金融機関を通じて企業に低利で融資を行う制度。政府指定の金融機関に対しては、日本政策金融公庫(日本公庫)から資金の貸し付けやリスク補完等が行われる。平成20年(2008)の世界金融危機に対応するため、同年12月から実施され、日本政策投資銀行などから民間企業に多額の融資が行われた。金融危機の影響で民間金融機関の貸し出し余力が乏しくなり、企業の資金繰りが悪化したため、政府主導で対策を進める目的があった。また平成23年(2011)の東日本大震災においても、日本公庫から多額の震災関連融資が行われた。
  1. ききひょうか【危機評価】
  • き‐き【危機】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ すわや海上の危機は逼ると覚しく、あなたこなたに散在したりし数十の漁船は、北るがごとく漕戻しつ。

      泉鏡花「取舵」

    • ・・・人隈山子爵が海外から帰朝してこの猿芝居的欧化政策に同感すると思いの外慨然として靖献遺言的の建白をし、維新以来二十年間沈黙した海舟伯までが恭謹なる候文の意見書を提出したので、国論忽ち一時に沸騰して日本の危機を絶叫し、舞踏会の才子佳人はあたかも・・・

      内田魯庵「四十年前」

    • ・・・ 今日、私は、独り芸術とは限らないが、まず芸術に、それが危機にあると言い得るのは、その作者と立場との関係が、極めてデリケートに置かれているからである。

      小川未明「正に芸術の試煉期」