• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

きさき【后/妃】 の意味

  1. 天皇の正妻。皇后および中宮。また、皇太后後宮 (こうきゅう) 女御 (にょうご) 更衣 (こうい) などをいう場合もある。
  1. 王侯貴族の妻。

きさき【后/妃】の慣用句

  1. きさきがね【后がね】
    • 《「がね」は接尾語》将来、后になるはずの人。后の候補者。
      「かういふ幸ひ人の腹の―こそまた追ひすがひぬれ」〈・少女〉
  1. きさきのみや【后の宮】
    • 皇后の住居。また、その宮殿。きさいのみや。
      「―に宴し給ふ」〈北野本天武紀〉
    • 皇后中宮の敬称。きさいのみや。
      「―、日頃ただにもおはしまさぬを」〈栄花・月の宴〉
  1. きさきのみやのつかさ【后の宮職】
    • 律令制における皇后付きの役所。中務(なかつかさ)の管轄。皇后宮職(こうごうぐうしき)。中宮職(ちゅうぐうしき)。きさいのみやのつかさ。
  1. きさきばら【后腹】
    • 后の腹から生まれたこと。また、その皇子・皇女。きさいばら。
      「時の帝(みかど)の御妹、…―におはします」〈宇津保・藤原の君〉
  1. きさきまち【后町】
  • きさき【后/妃】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・むかし飼槽の中の基督に美しい乳房を含ませた「すぐれて御愛憐、すぐれて御柔軟、すぐれて甘くまします天上の」と同じ母になったのである。

      芥川竜之介「おしの」

    • ・・・ 二人の間の話題は、しばらく西太で持ち切っていたが、やがてそれが一転して日清戦争当時の追憶になると、木村少佐は何を思ったか急に立ち上って、室の隅に置いてあった神州日報の綴じこみを、こっちのテエブルへ持って来た。

      芥川竜之介「首が落ちた話」

    • は人天を顧みず、冷然と正義を蹂躙した。

      芥川竜之介「侏儒の言葉」