• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

き‐ちゃく【帰着】 の意味

  1. [名](スル)
  1. 帰りつくこと。「無事母港に―する」
  1. いろいろの過程を経て、最終的に落ち着くこと。「結局は最初の案に―した」
  • き‐ちゃく【帰着】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・んとするところは、第四階級者でなくとも、その階級に同情と理解さえあれば、なんらかの意味において貢献ができるであろうに、それを拒む態度を示すのは、臆病な、安全を庶幾する心がけを暴露するものだということに帰着するようだ。

      有島武郎「片信」

    • ・・・ すべてが、芸術家その人が、いかに人生を見、感ずるかに帰着します。

      小川未明「芸術は生動す」

    • ・・・それはまあ一般に言えば人の秘密を盗み見るという魅力なんですが、僕のはもう一つ進んで人のベッドシーンが見たい、結局はそういったことに帰着するんじゃないかと思われるような特殊な執着があるらしいんです。

      梶井基次郎「ある崖上の感情」