• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

き‐とく【奇特】 の意味

  1. [形動][文][ナリ]《「きどく」とも》
  1. 言行や心がけなどがすぐれていて、褒めるに値するさま。「世の中には奇特な人もいるものだ」
  1. 非常に珍しく、不思議なさま。
    • 「比の香の―なるを漸く寄りて見れば」〈今昔・六・六〉

  1. [補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「彼は奇特な人だ」を、「優れて他と違って感心なこと」と「奇妙で珍しいこと」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。
     平成14年度調査平成27年度調査
    優れて他と違って感心なこと49.9パーセント49.9パーセント
    奇妙で珍しいこと25.2パーセント29.7パーセント
  • き‐とく【奇特】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・綱利は奇特の事とあって、甚太夫の願は許したが、左近の云い分は取り上げなかった。

      芥川竜之介「或敵打の話」

    • ・・・おお、姫神――明神は女体にまします――夕餉の料に、思召しがあるのであろう、とまことに、平和な、安易な、しかも極めて奇特な言が一致して、裸体の白い娘でない、御供を残して皈ったのである。

      泉鏡花「貝の穴に河童の居る事」

    • ・・・(変じゃあないか、女房(それが御祈祷をした仁右衛門爺さんの奇特でございます。

      泉鏡花「政談十二社」