• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

きぬ‐いと【絹糸】 の意味

  1. 蚕の繭からとった糸。生糸・練糸などがあり、ふつう練糸をいう。けんし。

きぬ‐いと【絹糸】の慣用句

  1. きぬいとそう【絹糸草】
    • チモシーの種子を水盤の脱脂綿の上に多くまいて発芽させたもの。その絹糸のように細い緑を観賞する。 夏》稗蒔(ひえま)
  • きぬ‐いと【絹糸】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・鼠は慣れていると見えて、ちょこちょこ、舞台の上を歩きながら、絹糸のように光沢のある尻尾を、二三度ものものしく動かして、ちょいと後足だけで立って見せる。

      芥川竜之介「仙人」

    • ・・・その草の中を、あたかも、ひらひら、と、ものの現のように、いま生れたらしい蜻蛉が、群青の絹糸に、薄浅葱の結び玉を目にして、綾の白銀の羅を翼に縫い、ひらひら、と流の方へ、葉うつりを低くして、牡丹に誘われたように、道を伝った。

      泉鏡花「燈明之巻」

    • ・・・撫子 この細りした、(一輪を指絹糸のような白いのは、これは、何と云う名の菊なんですえ。

      泉鏡花「錦染滝白糸」