• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

きゃく【客】 の意味

  1. [名]
  1. 訪ねてくる人。また、招かれてくる人。まろうど。「客をもてなす」
  1. 料金を払って、物を買ったり、乗り物に乗ったりする人。顧客・乗客・観客など。「客の入りが悪い」
  1. 旅人。また、止宿人。「不帰の客」
  1. 主体または自分と対立するもの。客体。
    • 「月の題に大仏を詠み合せて大仏が主となり月が―となるとも」〈子規・俳句問答〉
  1. (多く「お客さん」の形で)
  1. ㋐ある組織の中で、別格扱いされる人。
  1. ㋑勝負事・商売などで、くみしやすい相手。
  1. 月経のこと。
  1. [接尾]助数詞。接待用の道具・器物を数えるのに用いる。「吸物椀 (わん) 五客」

きゃく【客】の慣用句

  1. 客が付く
    • 顧客があらわれる。買い手がつく。また、固定客をもつ。
  1. 客発句に亭主脇
    • 連歌や連俳で、客に発句をよませ、主人が脇句をつけること。客に花をもたせることのたとえ。
  1. 客をする
    • 客を招いて、もてなす。
      「赤い飯を炊いて―◦するという相談が」〈漱石こゝろ
  1. 客を取る
    • 芸者や遊女が客を迎えて相手をする。
  1. 客を引く
    • 遊びや宿泊の客を誘い寄せる。
    • 客を招き入れる。
      「父は…其処で食事をすれば睡眠もするし、客も引くという風で」〈上司・父の婚礼〉
  • きゃく【客】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 店の中にはが二人、細長い卓に向っていた。

      芥川竜之介「魚河岸」

    • ・・・もう開けた店にはが這入る。

      著:アルチバシェッフミハイル・ペトローヴィチ 訳:森鴎外「罪人」

    • ・・・ 予もまた今年の五月の初め、漂然として春まだ浅き北海のとなった一人である。

      石川啄木「初めて見たる小樽」