• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ぎゃく‐せつ【逆説】

  1. 一見、真理にそむいているようにみえて、実は一面の真理を言い表している表現。「急がば回れ」など。パラドックス。
  1. ある命題から正しい推論によって導き出されているようにみえながら、結論で矛盾をはらむ命題。逆理。パラドックス。
  1. 事実に反する結論であるにもかかわらず、それを導く論理的過程のうちに、その結論に反対する論拠を容易に示しがたい論法。ゼノンの逆説が有名。逆理。パラドックス。
  1. ぎゃくせつすいみん【逆説睡眠】
  1. ぎゃくせつてき【逆説的】
    • [形動]真理にそむくようでいながら、実際には真理をついているさま。また、普通とは反対の方向から考えを進めるさま。「―に言えば」