• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

き‐ゆう〔‐イウ〕【×杞憂】 の意味

  1. 《中国古代の杞の人が天が崩れ落ちてきはしないかと心配したという、「列子」天瑞の故事から》心配する必要のないことをあれこれ心配すること。取り越し苦労。杞人の憂え。「杞憂に終わる」
  • き‐ゆう〔‐イウ〕【×杞憂】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・を憂えるのは、杞憂と云えば杞憂である。

      芥川竜之介「忠義」

    • ・・・ 破提宇子の流布本は、華頂山文庫の蔵本を、明治戊辰の頃、杞憂道人鵜飼徹定の序文と共に、出版したものである。

      芥川竜之介「るしへる」

    • ・・・ こういうこの世の地獄の出現は、歴史の教うるところから判断して決して単なる杞憂ではない。

      寺田寅彦「天災と国防」