• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

きょう‐しん【共振】 の意味

  1. [名](スル)振動体に固有振動数と等しい振動が外部から加わると、振動の幅が大きくなる現象。主に電気振動でいい、音などの場合は共鳴ということが多い。

きょう‐しん【共振】の慣用句

  1. きょうしんかいろ【共振回路】
  1. きょうしんき【共振器】
    • 電磁波や電気振動などの振動を受け取って共振させる装置。マイクロ波の空洞共振器、レーザーの光共振器などがあるほか、電気振動では共振回路が用いられる。共振子。
  1. きょうしんし【共振子】