• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

きょく‐ていおん〔‐テイヲン〕【極低温】 の意味

  1. 絶対零度(セ氏零下273.15度)に近い、極めて低い温度。ふつう、ヘリウムの沸点である4K(セ氏零下約268度)以下をいい、0.01K以下をさらに超低温とよぶことがある。超伝導超流動現象などが現れる。

きょく‐ていおん〔‐テイヲン〕【極低温】の慣用句

  1. きょくていおんあんこくぶっしつたんさく【極低温暗黒物質探索】
  1. きょくていおんダークマターたんさく【極低温ダークマター探索】