• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

きょくとう‐こくさいぐんじさいばん【極東国際軍事裁判】 の意味

  1. 第二次大戦後、ポツダム宣言に基づき、東京に置かれた極東国際軍事裁判所で、日本の主要な戦争犯罪人に対して行われた裁判。1946~48年まで審理が行われ、死亡・精神異常による免訴3名を除く被告25名全員が有罪とされ、うち東条英機ら7名は絞首刑。東京裁判。→戦争犯罪A級戦犯ニュルンベルク裁判