• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

アーチ【arch】 の意味

  1. 建造物で、上方へ弓形に曲がった梁 (はり) 。半円・尖頭形・馬蹄形などがあり、窓・入り口・門・橋などに用いる。迫持 (せりもち) 。
  1. 祝祭典の会場に設ける記念門。上部を弓形にして、杉・ヒノキなどの青葉で包むように飾る。緑門 (りょくもん) 。
  1. 弓形のもの。「虹 (にじ) の―」
  1. 野球で、本塁打のこと。「逆転の―をかける」

アーチ【arch】の慣用句

  1. アーチぐも【アーチ雲】
    • 雲の副変種の一。積乱雲積雲の底にできるアーチ状またはロール状の雲。大気の不安定によって生じ、激しい雨や突風を伴うことが多い。ロール雲。棚雲
  1. アーチダム【arch dam】
    • 上流側にアーチ状に張り出した形のダム。水圧を両岸で支える。
  • アーチ【arch】の例文

    出典:青空文庫

    • そのアーチ形の風景のなかを弾丸のように川烏が飛び抜けた。

      梶井基次郎「温泉」

    • ・・・ど想像出来ぬのでありまするが、そのウィンパーの記したものによりますると、その時夕方六時頃です、ペーテル一族の者は山登りに馴れている人ですが、その一人がふと見るというと、リスカンという方に、ぼうっとしたアーチのようなものが見えましたので、はて・・・

      幸田露伴「幻談」

    • ・・・前は牛を呑むアーチの暗き上より、石に響く扉を下して、刎橋を鉄鎖に引けば人の踰えぬ濠である。

      夏目漱石「幻影の盾」