• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

き‐れい【×綺麗/奇麗】

  1. [形動][文][ナリ]
  1. 色・形などが華やかな美しさをもっているさま。「―な花」「―に着飾る」
  1. 姿・顔かたちが整っていて美しいさま。「―な脚」「―な女性」
  1. 声などが快く聞こえるさま。「―な発音」
  1. よごれがなく清潔なさま。「手を―に洗う」「―な空気」「―な選挙」
  1. 男女間に肉体的な交渉がないさま。清純。「―な関係」
  1. 乱れたところがないさま。整然としているさま。「机の上を―に片づける」
  1. (「きれいに」の形で)残りなく物事が行われるさま。すっかり。「―に忘れる」「―にたいらげる」
  1. 美しい[用法]
  1. [派生]きれいさ[名]
  1. きれいくび【綺麗首】
    • 美しい容貌(ようぼう)。また、美人。「―をそろえる」
  1. きれいごと【綺麗事】
    • 実情にそぐわない、体裁ばかりを整えた事柄。「もはや―では済まされない」「―を並べる」
    • 手際よく美しく仕上げること。
      「―でなくってはいけねえから、折角骨を折って詰めさせたに」〈滑・八笑人・初〉
  1. きれいさっぱり【綺麗さっぱり】
    • [形動][文][ナリ]非常にすっきりとしたさま。
      「相談ずくで―に別れたにしたところで」〈虚子・杏の落ちる音〉
    • [副](スル)
    • すっきりとして、あとに何も残らないさま。「―(と)忘れる」
    • 清潔で汚れていないさま。また、清潔で心地よいさま。「―(と)洗い上げる」「シャワーを浴びて―(と)する」
  1. きれいずき【綺麗好き】
    • [名・形動]清潔であるのを好む性質。また、そういう人やさま。「―な人」
  1. きれいどころ【綺麗所】
    • 花柳界の芸者をさす語。また、着飾った美しい女性。きれいどこ。「―を並べる」

「き‐れい【×綺麗/奇麗】」の前の言葉

「き‐れい【×綺麗/奇麗】」の後の言葉