• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

きん【金】 の意味

  1. 女真 (じょしん) 族完顔部の首長阿骨打 (アクダ) が1115年に建てた国。遼 (りょう) を滅ぼし、を南方に追って、中国東北地区・蒙古 (もうこ) ・華北を征服。都は会寧、後に燕京、汴京 (べんけい) 。1234年、モンゴルに滅ぼされた。
  • きん【金】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 渋谷の王桜の評判が、洗湯の二階に賑わう頃、彼は楓の真心に感じて、とうとう敵打の大事を打ち明けた。

      芥川竜之介「或敵打の話」

    • ・・・父は蒲団の左角にひきつけてある懐中道具の中から、重そうな時計を取りあげて、眼を細めながら遠くに離して時間を読もうとした。

      有島武郎「親子」

    • ・・・とぴたりと帯に手を当てると、帯しめの具が、指の中でパチリと鳴る。

      泉鏡花「伊勢之巻」