• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

きん‐けい【謹啓】 の意味

  1. つつしんで申し上げること。手紙の最初に書くあいさつの語。「拝啓」よりも敬意が高い。「敬白」「謹言」で結ぶ。
  • きん‐けい【謹啓】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・    二十五日井原退蔵  木戸一郎様 謹啓

      太宰治「風の便り」

    • ・・・「謹啓

      太宰治「虚構の春」

    • 謹啓、よもの景色云々と書きだして、御尊父様には御変りもこれなく候や、と虚心にお伺い申しあげ、それからすぐ用事を書くのであった。

      太宰治「ロマネスク」