• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

きん‐しゅ【禁酒】 の意味

  1. [名](スル)習慣的に酒を飲んでいたのをやめること。また、酒を飲むことを禁止すること。「―禁煙」

きん‐しゅ【禁酒】の慣用句

  1. きんしゅほう【禁酒法】
    • アルコール飲料の製造・販売・運搬・輸出入を禁止した米国の法律。1920年から施行されたが、密造・密売などが続出したため、1933年に廃止。
  • きん‐しゅ【禁酒】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・――「美華禁酒会長ヘンリイ・バレット氏は京漢鉄道の汽車中に頓死したり。

      芥川竜之介「馬の脚」

    • ・・・しかしいつごろからか禁酒同様になって、わずかに薬代わりの晩酌をするくらいに止まった。

      有島武郎「私の父と母」

    • ・・・ ところが、その年も押しつまったある夜、紙芝居をすませて帰ってきますと、今里の青年会館の前に禁酒宣伝の演説会の立看板が立っていたので、どんなことを喋るのか、喋り方を見てやろうと思いながら、はいって聴きました。

      織田作之助「アド・バルーン」