• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ぐ【求】 の意味

  • ぐ【求】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 平太郎には当時十七歳の、馬と云う嫡子があった。

      芥川竜之介「或敵打の話」

    • ・・・ 思想と文学との両分野に跨って起った著明な新らしい運動の声は、食をめて北へ北へと走っていく私の耳にも響かずにはいなかった。

      石川啄木「弓町より」

    • ・・・で、その、ちょっとあらかじめ御諒解を得ておきたいのですが、お客様が小人数で、車台が透いております場合は、途中、田舎道、あるいは農家から、便宜上、その同乗をめらるる客人がありますと、御迷惑を願う事になっているのでありますが。

      泉鏡花「燈明之巻」

  • 索引から検索