• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ぐう【×寓】 の意味

  1. 仮の住まい。寓居。
  1. 自分の住まいをへりくだっていう語。「田中寓」
  • ぐう【×寓】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 三、佐藤の作品中、道徳を諷するものなきにあらず、哲学をするもの亦なきにあらざれど、その思想を彩るものは常に一脈の詩情なり。

      芥川竜之介「佐藤春夫氏の事」

    • ・・・が、新らしい標札には「櫛部」と書いてあった。

      芥川竜之介「死後」

    • ・・・に非ず 伍員墓を発く豈初心ならん 品川に梟示す竜頭の冑 想見る当年怨毒の深きを     曳手・単節荒芽山畔路叉を成す 馬を駆て帰来る日斜き易し 虫喞凄涼夜月に吟ず 蝶魂冷澹秋花を抱く 飄零暫くす神仙の宅 禍乱早く離る夫婿の家 頼ひ・・・

      内田魯庵「八犬伝談余」