• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

グード‐ずほう〔‐ヅハフ〕【グード図法】 の意味

  1. 地図投影法の一。緯度40度44分を境にして、低緯度地帯をサンソン図法で、高緯度地帯をモルワイデ図法で描き、ひずみ是正のため、海洋部分に断裂を入れたもの。1923年に米国人グード(J.P.Goode)が考案。ホモロサイン図法。