• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

くさ‐かり【草刈(り)】 の意味

  1. 草を刈ること。また、草を刈る人。 夏》「草刈のこころに眠る田水光/竜太」

くさ‐かり【草刈(り)】の慣用句

  1. くさかりうた【草刈(り)歌】
    • 民謡の一。野山へ草などを刈りに行く道中や、刈り取り作業中にうたう労作歌。
  1. くさかりうま【草刈(り)馬】
    • 7月7日の朝、真菰(まこも)(わら)で作った馬に草を刈って背負わせ、家まで引いて帰る行事。また、その馬。農馬の安全を祈る。 秋》
    • 草刈りに用いる駄馬。草刈りの馬。
      「―の中に強からん馬に、賤(あや)しの鞍置きてもて来(こ)」〈今昔・二五・一一〉
  1. くさかりがま【草刈(り)鎌】
    • 草刈り用の鎌。草鎌。 夏》
  1. くさかりば【草刈(り)場】
    • 田畑の肥料や牛馬の秣(まぐさ)にするための草を刈り取る場所。特に、その目的で農民が共同で使用した草地。
    • (比喩的に)味方に引き込めそうな人の集まり。また、儲ける対象となる人の集まる場所。「弱小派閥が大派閥の―になる」「住宅展示場は住宅ローン業者の―」
  • くさ‐かり【草刈(り)】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・興酣なる汐時、まのよろしからざる処へ、田舎の媽々の肩手拭で、引端折りの蕎麦きり色、草刈籠のきりだめから、へぎ盆に取って、上客からずらりと席順に配って歩行いて、「くいなせえましょう。

      泉鏡花「開扉一妖帖」

    • ・・・沢井様の草刈に頼まれて朝疾くからあちらへ上って働いておりますと、五百円のありかを卜うのだといって、仁右衛門爺さんが、八時頃に遣って来て、お金子が紛失したというお居室へ入って、それから御祈祷がはじまるということ、手を休めてお庭からその一室の方・・・

      泉鏡花「政談十二社」

    • ・・・一人の旅商人、中国辺の山道にさしかかりて、草刈りの女に逢う。

      泉鏡花「遠野の奇聞」