• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

くさ‐ずり【草×摺】 の意味

  1. 草の葉や花を衣服にすりつけて着色すること。また、そのもの。
  1. 鎧 (よろい) の胴の付属具。大腿部を守るために、革または鉄を連結して、ふつう五段下りにおどし下げる。下散 (げさん) 。垂れ。

くさ‐ずり【草×摺】の慣用句

  1. くさずりなが【草摺長】
    • [形動ナリ](よろい)草摺を長く垂らして着ているさま。
      「黒糸威(をどし)の大荒目の鎧の一枚交なるを、―にゆり下し」〈盛衰記・一五〉
  1. くさずりびき【草摺引き】
    • 曽我五郎時致朝比奈三郎義秀が鎧(よろい)草摺を引き合って力比べをした故事。浄瑠璃・歌舞伎などに脚色され、特に歌舞伎舞踊の長唄「正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)」が有名。
  • くさ‐ずり【草×摺】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 音が通い、雫を帯びて、人待石――巨石の割目に茂った、露草の花、蓼の紅も、ここに腰掛けたという判官のその山伏の姿よりは、爽かに鎧うたる、色よき縅毛を思わせて、黄金の太刀も草摺も鳴るよ、とばかり、松の梢は颯々と、清水の音に通って涼しい。

      泉鏡花「瓜の涙」

    • ・・・ まだ船底を踏占めるような、重い足取りで、田畝添いの脛を左右へ、草摺れに、だぶだぶと大魚を揺って、「しいッ、」「やあ、」 しっ、しっ、しっ。

      泉鏡花「貝の穴に河童の居る事」

    • ・・・角の九つある、竜が、頭を兜に、尾を草摺に敷いて、敵に向う大将軍を飾ったように。

      泉鏡花「紅玉」