• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

(くだ)を用(もち)いて天(てん)を窺(うかが) の意味

  1. 《「荘子」秋水から》細い管の穴から天をのぞいて見えたものが天だと思い込むように、自分の狭い見識で広大な物事に勝手な判断を下すこと。管の穴から天をのぞく。