• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

くち‐の‐は【口の端】 の意味

  1. 言葉のはしばし。口先。くちは。
    • 「無理に言わせられた表面の―に過ぎないのだ」〈左千夫・春の潮〉
  1. うわさ。評判。くちは。

くち‐の‐は【口の端】の慣用句

  1. 口の端に掛かる
    • 人々の話の種にされる。うわさされる。
      「徐々(そろそろ)人の―・るようになりましたものですから」〈二葉亭訳・めぐりあひ〉
  1. 口の端に掛ける
    • 評判にする。
  1. 口の端に上る
    • うわさになる。話の種になる。「世間の―・る」
    • [補説]「口の端にあがる」と読むのは誤り。