• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あい‐かた〔あひ‐〕【合方】 の意味

  1. 能楽で、謡 (うたい) の伴奏をする大鼓 (おおつづみ) 小鼓 (こつづみ) ・太鼓・笛による演奏。
  1. 邦楽で、唄と唄との間をつなぐ、三味線の合いの手の特に長いもの。長唄に多い。
  1. 歌舞伎下座音楽で、三味線を主とし唄を伴わないもの。
  • あい‐かた〔あひ‐〕【合方】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・家元がどうの、流儀がどうの、合方の調子が、あのの、ものの、と七面倒に気取りはしない。

      泉鏡花「開扉一妖帖」

    • ・・・はるかに狼が凄味の遠吠えを打ち込むと谷間の山彦がすかさずそれを送り返し,望むかぎりは狭霧が朦朧と立ち込めてほんの特許に木下闇から照射の影を惜しそうに泄らし、そして山気は山颪の合方となッて意地わるく人の肌を噛んでいる。

      山田美妙「武蔵野」