• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あま‐つ【天つ】 の意味

  1. [連語]《「つ」は「の」の意の格助詞》天の。天空の。→国つ

あま‐つ【天つ】の慣用句

  1. あまつおとめ【天つ少女】
    • 天女。
      「富士のねの風にただよふ白雲を―が袖かとぞ見る」〈夫木・三五〉
  1. あまつかぜ【天つ風】
    • 大空を吹く風。
      「―雲の通ひ路吹き閉ぢよをとめの姿しばしとどめむ」〈古今・雑上〉
  1. あまつかみ【天つ神】
  1. あまつかみのよごと【天つ神の寿詞】
  1. あまつしるし【天つ印/天つ表】
    • 天上界にある、越えてはならない境界線。天の川のこと。
      「ひさかたの―と水無(みなし)川へだてておきし神代し恨めし」〈・二〇〇七〉
    • (「天つ璽」と書く)天つ神の子であることを示す品。皇位のしるし。
      「長髄彦(ながすねひこ)、その―を見て、ますますおそれかしこまることを」〈神武紀〉
  1. あまつそら【天つ空】
    • 大空。天上の世界。また、手の届かない遠い所。
      「ひさかたの―にも住まなくに人はよそにぞ思ふべらなる」〈古今・恋五〉
    • 皇居。宮中。また、天皇。
      「言の葉を―まで聞こえあげ」〈古今・雑体〉
    • 心が落ち着かぬこと。うわのそら。
      「立ちて居てたどきも知らずあが心―なり土は踏めども」〈・二八八七〉
  1. あまつつみ【天つ罪】
    • 朝廷の命令による罰。
      「恭(つつし)みて―を行へ」〈継体紀〉
  1. あまつのりと【天つ祝詞】
    • 祝詞を褒めたたえていう語。
      「―の太祝詞事(ふとのりとごと)を宣(の)れ」〈祝詞・六月晦大祓〉
  1. あまつひつぎ【天つ日嗣】
    • 皇位を継承すること。また、皇位。あまのひつぎ。
      「天つ神の御子の―知らしめす」〈・上〉
  1. あまつみず【天つ水】
    • [名]天の水。天から降る水。雨。
      「みどり子の乳乞ふがごとく―仰ぎてそ待つ」〈・四一二二〉
    • [枕]日照りに雨を待ち望む意から、「仰ぎて待つ」にかかる。
      「―仰ぎて待つに」〈・一六七〉
  1. あまつやしろ【天つ社】
    • 天つ神を祭った神社。
      「―、国つ社と」〈祝詞・祈年祭〉