• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あいかわ〔あひかは〕【相川】 の意味

  1. 新潟県佐渡市の地名。江戸幕府直轄の金鉱町として栄えた。無名異焼 (むみょういやき) の産地。

あいかわ〔あひかは〕【相川】の慣用句

  1. あいかわおんど【相川音頭】
    • 佐渡市の民謡。平家物語に取材した口説(くどき)形式の歌詞による盆踊り歌。
  • あいかわ〔あひかは〕【相川】の例文

    出典:青空文庫

    •  近頃相川の怠ることは会社内でも評判に成っている。

      島崎藤村「並木」

    • ・・・「今夜これから直ぐに相川まで行ってしまおうかとも思っていたのだが、雨も降っているし心細くなっているところへ、君が声をかけたんだ。

      太宰治「佐渡」

    • ・・・に謄写しとりて草紙となしたるを見侍るに通篇俚言俗語の語のみを用いてさまで華あるものとも覚えぬものから句ごとに文ごとにうたゝ活動する趣ありて宛然まのあたり萩原某に面合わするが如く阿露の乙女に逢見る心地す相川それの粗忽しき義僕孝助の忠やかなる読・・・

      著:坪内逍遥 校訂:鈴木行三「怪談牡丹灯籠」