• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

くろ‐ご【黒衣/黒子】 の意味

  1. 《「くろこ」とも》
  1. 歌舞伎で、俳優の演技や舞台進行の介添えをする人が着る黒い衣装。また、その人。人形浄瑠璃では、人形遣いが着る黒い衣装。くろんぼう。黒具 (くろぐ) 。
  1. 表に出ないで物事を処理する人。陰で支える人。「―に徹する」
  1. 大坂で、俄 (にわか) が流して歩くときにかぶった黒頭巾 (くろずきん) 。
  • くろ‐ご【黒衣/黒子】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・左の眼尻に黒子があったが、――そんな事さえ検べて見ても、やはり確かに男だった。

      芥川竜之介「奇怪な再会」

    • ・・・…… 私は黙って腕を組んだまま、しばらくはこの黒衣聖母の美しい顔を眺めていた。

      芥川竜之介「黒衣聖母」

    • ・・・やっと十五か十六になった、小さい泣黒子のある小娘である。

      芥川竜之介「少年」