• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

けい【京/境/競】 の意味

  1. 〈京〉⇒きょう
  1. 〈境〉⇒きょう
  1. 〈競〉⇒きょう
  • けい【京/境/競】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・勿論その句も剽窃した。

      芥川竜之介「飯田蛇笏」

    • ・・・第一の種類に属する人は、その人の生活全部が純粋な芸術に没入している人で、その人の実生活は、周囲とどんな間隔があろうと、いっこうそれを気にしない。

      有島武郎「広津氏に答う」

    • ・・・ ここにおいて、精神界と物質界とを問わず、若き生命の活火を胸に燃した無数の風雲児は、相率いて無人のに入り、我みずからの新らしき歴史を我みずからの力によって建設せんとする。

      石川啄木「初めて見たる小樽」