• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

けい‐ぼ【継母】 の意味

  1. 父の妻で、自分と血のつながっていない母。ままはは。
  • けい‐ぼ【継母】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・それは彼女が身を売るまでに、邪慳な継母との争いから、荒むままに任せた野性だった。

      芥川竜之介「奇怪な再会」

    • ・・・苫家、伏家に灯の影も漏れない夜はさこそ、朝々の煙も細くかの柳を手向けられた墓のごとき屋根の下には、子なき親、夫なき妻、乳のない嬰児、盲目の媼、継母、寄合身上で女ばかりで暮すなど、哀に果敢ない老若男女が、見る夢も覚めた思いも、大方この日が照る・・・

      泉鏡花「葛飾砂子」

    • ・・・ が、まだ二人ともなにも言わなかった時、連と目配せをしながら、赤ら顔の継母は更めて、男の前にわざとらしく小腰、――と云っても大きい――を屈めた。

      泉鏡花「革鞄の怪」