• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あい‐くるし・い【愛くるしい】 の意味

  1. [形][文]あいくる・し[シク]子供や小動物などの、愛嬌 (あいきょう) があって、かわいらしいさま。「愛くるしいしぐさ」
  1. [派生]あいくるしげ[形動]あいくるしさ[名]
  • あい‐くるし・い【愛くるしい】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・それから――遠目にも愛くるしい顔に疑う余地のない頬笑みを浮かべた? が、それは掛け価のない一二秒の間の出来ごとである。

      芥川竜之介「少年」

    • ・・・幼い彼は命取らるる水とも知らず、地平と等しい水ゆえ深いとも知らずに、はいる瞬間までも笑ましき顔、愛くるしい眼に、疑いも恐れもなかったろう。

      伊藤左千夫「奈々子」

    • ・・・と差し出されたのを、金之助は手に取って見ると、それは手札形の半身で、何さま十人並み勝れた愛くるしい娘姿。

      小栗風葉「深川女房」