• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

けん‐きょ【謙虚】 の意味

  1. [名・形動]控え目で、つつましいこと。へりくだって、すなおに相手の意見などを受け入れること。また、そのさま。「謙虚な態度」「謙虚に反省する」
  1. [派生]けんきょさ[名]
  • けん‐きょ【謙虚】の例文

    出典:青空文庫

    • 謙虚と純情と自己犠牲の観念によって、はじめて感激の火は民衆に移されるのである、これ即ち、ナロードニーキの精神であ・・・

      小川未明「純情主義を想う」

    • ・・・もしこの世の中に、彼等を心から愛する、文学者、芸術家、若くは真理に忠実な科学者がなかったら、何人か、このものいわぬ謙虚な動物に対して、擁護すべく注意を喚起したものがあったでしょう。

      小川未明「天を怖れよ」

    • ・・・たゞ見る人が謙虚にして、それに対して考うるだけの至誠があれば足りるものだ。

      小川未明「名もなき草」