• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

げんし‐りょく【原子力】 の意味

  1. 原子核の変換や核反応に伴って放出される多量のエネルギー。ふつう、ウランプルトニウム核分裂放射性物質の崩壊、重水素トリチウムなどの核融合により放出される核エネルギーをいう。
  • げんし‐りょく【原子力】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・アメリカの科学者たちが、アインシュタインをはじめとして、人類の平和のための原子力の使いかたを主張していることは、くりかえして報道しないで、こんどは原子力よりももっと殺戮力のつよい放射線の雲をつくることが発明されたなどと、得意そうに報道しまし・・・

      宮本百合子「新しい卒業生の皆さんへ」

    • ・・・こんにちジョリオ・キューリーが原子力の研究の人類的な方法について語り、それについて行動しているように、文学の方法も語られるべき歴史の段階に来ているのではないだろうかと思う。

      宮本百合子「心に疼く欲求がある」

    • 原子力の法則――科学的真理――を人類の幸福のために使うか、もっとも富める資本主義の代表者たちの特権を守るために使用するかということは、現代の人類の理性にかけられた課題です。

      宮本百合子「質問へのお答え」