• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

けんにん‐ふばつ【堅忍不抜】 の意味

  1. つらいことも耐え忍んで、どんな困難にも心を動かさないこと。「堅忍不抜の態度」
  • けんにん‐ふばつ【堅忍不抜】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・蒙求風に類似の逸話を対聯したので、或る日の逸話に鴎外と私と二人を列べて、堅忍不抜精力人に絶すと同じ文句で並称した後に、但だ異なるは前者の口舌の較や謇渋なるに反して後者は座談に長じ云々と、看方に由れば多少鴎外を貶して私を揚げるような筆法を弄し・・・

      内田魯庵「鴎外博士の追憶」

    • ・・・この論法をもってすれば、同志小林が残虐きわまる拷問にあいつつ堅忍不抜、ついにボルシェヴィキの党派性を死守して英雄的殉難を遂げたそのボルシェヴィクの最後の積極性が発揮された時こそ、同志小林は最も偏狭であったということになるのだ。

      宮本百合子「同志小林の業績の評価に寄せて」