• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あいこく‐しん【愛国心】 の意味

  1. 自分の国を愛し、国の名誉・存続などのために行動しようとする心。祖国愛。
  • あいこく‐しん【愛国心】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・これじつに今日比較的教養あるほとんどすべての青年が国家と他人たる境遇においてもちうる愛国心の全体ではないか。

      石川啄木「時代閉塞の現状」

    • ・・・子供の時からつめこまれた愛国心とかいうものがまだどっかに残っているのかな。

      黒島伝治「戦争について」

    • ・・・彼は、愛国心に満ちた士官の持つ、それと同じ心臓で、運送船で敵地に送られた陸兵の上陸や、大連湾の攻撃や、威海衛の偵察、旅順攻撃、戦争中の軍艦に於ける生活、威海衛の大攻撃等を見、聞き、感じて、それを報告している。

      黒島伝治「明治の戦争文学」