• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こう‐ご【口語】 の意味

  1. 日常の談話などに用いられる言葉遣い。話し言葉。口頭語。音声言語。⇔文語
  1. 明治以降の話し言葉と、それをもとにした書き言葉とを合わせていう。⇔文語
  1. [補説]明治以前の言葉についても、それぞれの時代の話し言葉ならびにそれをもとにした書き言葉を口語ということがある。

こう‐ご【口語】の慣用句

  1. こうごか【口語歌】
    • 口語による短歌。伝統的な和歌の制約から離れ、言文一致運動の試みとして明治中期から始まり、石川啄木らによって実践された。
  1. こうごけい【口語形】
    • 口語文の中で用いられる語形。主として活用語にいう。例えば、動詞の「ある」「する」、形容詞の「速い」「美しい」、形容動詞の「静かだ」「賑(にぎ)やかだ」など。⇔文語形
  1. こうごし【口語詩】
    • 口語体の詩。山田美妙等の試作に始まり、明治末期の川路柳虹(かわじりゅうこう)らの口語自由詩を経て、大正期に確立。
  1. こうごじゆうし【口語自由詩】
  1. こうごたい【口語体】
    • ある時代の、話し言葉の形式。話し言葉体。
    • 現代の、話し言葉に基づく文章の形式。口語文の文体。常体(「だ体」「である体」など)と敬体(「です・ます体」「でございます体」「であります体」など)とがある。⇔文語体
  1. こうごぶん【口語文】
    • ある時代の話し言葉をもとにして書かれた文。
  1. こうごぶんぽう【口語文法】
    • 現代の話し言葉、およびそれによる書き言葉で表現する場合の、言葉遣いの決まり。学校教育の場では、現代共通語をもとにした口語文の文法をさしていうことが多い。また、書き言葉の文法に対して、話し言葉の文法をいうこともある。口語法。⇔文語文法
  1. こうごほう【口語法】
  1. こうごやく【口語訳】
    • [名](スル)文語文や漢文の文体を口語体に直すこと。また、その文。口訳。「平家物語の―」
  • こう‐ご【口語】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ただそれは、当時の天主教徒の一人が伝聞した所を、そのまま当時の口語で書き留めて置いた簡単な覚え書だと云う事を書いてさえ置けば十分である。

      芥川竜之介「さまよえる猶太人」

    • ・・・所謂古い言葉と今の口語と比べてみても解る。

      石川啄木「一利己主義者と友人との対話」

    • ・・・そうしてその人たちの態度には、ちょうど私自身が口語詩の試みに対して持った心持に類似点があるのを発見した時、卒然として私は自分自身の卑怯に烈しい反感を感じた。

      石川啄木「弓町より」