• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あい‐さつ【挨拶】 の意味

  1. [名](スル)《「挨」は押す、「拶」は迫る意で、本来、禅家で門下の僧に押し問答して、その悟りの深浅を試すこと》
  1. 人に会ったときや別れるときなどに取り交わす礼にかなった動作や言葉。「挨拶を交わす」「時候の挨拶」
  1. 会合の席や集会で、改まって祝意や謝意などを述べること。また、その言葉。「来賓が挨拶する」
  1. 相手に対して敬意や謝意などを表すこと。また、その動作や言葉。「転勤の挨拶」「なんの挨拶もない」
  1. (「御挨拶」の形で)相手の非礼な言葉や態度を皮肉っていう語。「これは御挨拶だね」
  1. やくざや不良仲間で、仕返しをいう語。
  1. 争い事の中に立って仲裁すること。また、その人。「挨拶は時の氏神」
  1. 応答のしかた。口のきき方。
    • 「馴れたる―にて」〈浮・一代男・二〉
  1. 人と人との間柄。仲。
    • 「中川殿とこな様との―が」〈浄・五枚羽子板〉

あい‐さつ【挨拶】の慣用句

  1. 挨拶切る
    • 縁を切る。関係を断つ。
      「―・ると取り交はせしその文を反古(ほうぐ)にし」〈浄・天の網島
  1. 挨拶は時の氏神
    • 争いごとが起きた時、その仲裁をしてくれる人は氏神様のようにありがたいのだから、その調停には従うべきであること。仲裁は時の氏神。
  1. あいさつにん【挨拶人】
    • 仲裁人。
      「大郭にして囲職の女郎は、上職の―」〈色道大鏡・二〉
  • あい‐さつ【挨拶】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・これにつれて、書物を読んでいたのも、筆を動かしていたのも、皆それぞれ挨拶をする。

      芥川竜之介「或日の大石内蔵助」

    • ・・・若者は挨拶の言葉も得いわないような人で、唯黙ってうなずいてばかりいました。

      有島武郎「溺れかけた兄妹」

    • ・・・もうその時の挨拶まで工夫してるのか。

      石川啄木「一利己主義者と友人との対話」