• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こうしん‐きょく〔カウシン‐〕【行進曲】 の意味

  1. 行進に合わせて奏される曲。また、行進のためにつくられた楽曲。マーチ。
  • こうしん‐きょく〔カウシン‐〕【行進曲】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・プロレタリヤは、行進曲に歩調を合すべきです。

      小川未明「芸術は革命的精神に醗酵す」

    • ・・・私達、真の無産者は、喜びを共にし、苦しみを共にし、永久に、平和な、そして自由な、青空の下に相抱いて生きるという信念に於てのみ、感激し、行進曲が奏でられなければならぬのです。

      小川未明「民衆芸術の精神」

    • ・・・赤玉が屋上にムーラン・ルージュをつけて道頓堀の夜空を赤く青く染めると、美人座では二階の窓に拡声機をつけて、「道頓堀行進曲」「僕の青春」「東京ラプソディ」などの蓮ッ葉なメロディを戎橋を往き来する人々の耳へひっきりなしに送っていた。

      織田作之助「世相」