• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こう‐すう【口数】 の意味

  1. 人口の数。人数。
  1. 項目・品物・申し込みなどの数。くちすう。
  • こう‐すう【口数】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・――が、その中にただ一人、大石内蔵助だけは、両手を膝の上にのせたまま、愈つまらなそうな顔をして、だんだん口数をへらしながら、ぼんやり火鉢の中を眺めている。

      芥川竜之介「或日の大石内蔵助」

    • ・・・現に指揮官のM大尉なぞは、この隊の先頭に立った時から、別人のように口数の少い、沈んだ顔色をしているのだった。

      芥川竜之介「将軍」

    • ・・・その後の事は申し上げるだけ、無用の口数に過ぎますまい。

      芥川竜之介「藪の中」