• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こうぜい‐がみ〔カウゼイ‐〕【行成紙】 の意味

  1. 藤原行成筆の歌書の料紙に似せてつくった紙。薄い鳥の子紙を薄黄色・萌葱 (もえぎ) などに染め、雲母 (うんも) で細紋を型置きしたもの。江戸時代に流行し、詩歌の料紙、本の表紙などに使われた。